抗血小板剤エフィエント錠の勉強会に参加しました

f:id:ranomed:20170807214232j:plain

エフィエントの位置付け

今までの抗血小板剤開発の歴史を見てみると以下のようになります。

 

1981年:パナルジン

2006年:プラビックス

2014年:エフィエント

 

ということで、一番新しい抗血小板剤となります。

 

プラビックスよりも適応が少ないためか、まだうちの薬局では処方実績はありませんが、そろそろ出てくる頃だと思います。

 

それでは、特徴を見ていきましょう。

 

早期から血小板凝集抑制作用を示す

服用後30分で血中濃度は最大になるとのこと。

 

比較に上がったプラビックスは、データを見ると効果発現までに4週間ほどかかるようです。

 

ちなみに活性代謝物となればプラビックスと効果は同じようです。

 

日本人の2人に1人はCYP2C19遺伝子多型がある

プラビックスは主に薬物代謝酵素であるCYP2C19で代謝され、活性代謝物となった後に効果を発現するわけですが、日本人はこの酵素が少ない、または発現していない人が多いんです。

 

ここでちょっと用語解説を挟みます。

 

Expensive metabolizer(EM):代謝正常型

 代謝に問題がない人。

 

Intermediate metabolizer(IM):代謝中間型

 代謝が低下している人。

 

Poor metabolizer(PM):代謝不全型

 代謝ができない(または極端に低下している)人。

 

 

日本人のCYP2C19遺伝子多型による表現型の割合は、EMが37%、IMが44%、PMが19%となります。

 

これは人種による違いで、例えば欧米ではPMの割合は約3%なので、この遺伝子多型はあまり問題にはならないようです。

 

一方で中東や中国などのアジア圏では10〜20%という数字がありますので、主にCYP2C19で代謝されるプラビックスが効かないという患者さんも出てきてしまいます。

 

そのためプラビックスの効果に個人差がありますが、エフィエントはCYP2C19遺伝子多型によらず、早期から安定した血小板凝集抑制作用を示すとのデータがあります。

 

副作用

大出血1.9%、小出血及びその他の臨床的に重要な出血を含めると9.6%とのことです。

 

やはり、服用中は怪我をしないように出血には十分注意し、アザや歯茎からの出血が気になるようであれば、医師に必ず伝える必要があります。

 

これはこの系統の薬ではお約束ですね。

 

Q&A

プラビックスからの切り替えの注意点は何かあるか?

そのまま切り替え可能。ただし、出血があって切り替えたのであれば、2.5mgなど低用量にして様子を見るケースもある。

プラビックスは肝臓で2回代謝されることになるので、肝障害が見られた場合もエフィエントに切り替えることで改善するかもしれない。

 

用法用量は?

初回投与量(ローディングドーズ)20mg、その後維持量(メンテナンスドーズ)として3.75mg。

 

出血リスクのある50kg以下、75歳以上の患者には、2.5mgにして様子を見るなどの症例もあり。

 

販売されている規格は2.5mg、3.75mg、5mg、20mgの4種類。

 

出血を伴う手術などの休薬期間は?

手術の際に出血が止まらなくなる可能性があるので、こういった系統の薬を一時的に中止することがあり、種類によってその期間は異なります。

 

エフィエントは14日以上前に中止。

 

ESP(内視鏡的十二指腸乳頭部腫瘍切除術)でも中止しますが、生検の場合はそのまま継続でいいそうです。

 

また、内視鏡ガイドラインによると、どうしても服用を続けなければならない場合、一旦シロスタゾールに切り替えて、手術の3〜4日前に中止することが推奨されています。

 

他に気になったこと

この系統の薬で消化管出血があればガンを疑うというのが定石のようです。9割ほどの患者でガンが発見されているのだとか。

 

粉砕、半錠、一包化は可能。

 

 

 

若者の間で睡眠薬遊びが流行している!?

f:id:ranomed:20170805102954j:plain

今日何気なくyahoo!ニュースを見ていたら飛び込んできたこの記事ですが、十分な知識もないのによく口にできるなぁと思います。

 

睡眠薬を飲んだらハイになると聞いた」と言っていたらしいですが、ハイになるというのと眠るのは全く真逆の効果なので、少し考えてみればわかりそうなものですが・・・。

 

以下に簡単に注意点を挙げてみました。まあ、読んでもらえればどれも当たり前に常識的な使い方をしていれば問題なくクリアできるものです。

 

睡眠薬服用時の注意点

・服用後すぐに(30分以内)に横になる。

 すぐに横にならなければどうなるかというと、ニュースのように事故を引き起こしたりします。当たり前ですね。

 

・アルコールとの併用は禁止。

 睡眠薬血中濃度が高まり、副作用が出やすくなります。最悪、呼吸抑制を引き起こし、重大な事故につながるケースもあります。

 

・一過性の健忘症を引き起こす可能性がある。

 簡単に言えば記憶喪失みたいな感じです。何を言ったか、何をしたか服用後に忘れてしまうというケースが報告されているので、服用後は寝る一択です。

 

流出経路は?

 

しかし、どういう経路で流出しているのでしょうか?

 

以前テレビで生活保護を受けている患者が、金に困って売却しているみたいなニュースを見たような気がしますが・・・。

 

ほとんどの眠剤には30日の処方制限がかかっており、一度にこれ以上もらうことができないようになっています。

 

理由は管理が必要な品目だからです。

 

こういった事例を見れば、何故管理が必要なのかを改めて再確認できますね。

 

しかし、医師は患者の利便性を考慮してか、もしくはうっかりか、知らなかったかは不明ですが、それ以上の日数を処方するケースが稀にあります。

 

その場合、薬局側は病院に電話をして(疑義照会)、日数を30日に変更しています。

 

最近ではかなり査定が厳しくなっていて、30日を越えている場合保険が通らないことが多くなっている印象です。

 

そのため、しっかり30日で止めないとその分の料金の請求ができません。

 

今回のケースで、規制の30日がさらに短くなって、例えば14日制限などになったら、かなり頻繁にクリニックに通うことになってしまいますよ。

 

最終的に不利益を被るのは本当に不眠で悩んでいる患者さんたちなので、こういった事件は本当にやめてほしいです。

 

薬=モノ+知識

 

世の中で売られているものすべてに言えることですが、「モノ」を買うだけではなく、「モノ」と「知識」でワンセットだと思います。

 

特に薬の場合はそれが顕著で、知識がないと重大な事故や副作用を引き起こすことに繋がりかねません。

 

しっかりと病院、薬局で説明を聞いていただいて、わからないところは後に電話でもいいので質問していただく。

正規のルート以外で処方箋医薬品を入手し、使うなんてことは絶対しないということを守っていただければなと思います。

 

 

クローン病治療薬「ゼンタコートカプセル」の勉強会に行ってきました。

f:id:ranomed:20170727212124j:plain

海外では「Entocort」という名称ですでに販売されており、1995年3月にスウェーデンで承認された薬剤とのこと。

 

日本では約20年遅れての発売になりますね。

 

特徴

主成分:ブデソニド。

アストラゼネガ社のシムビコートと同じですね。

 

腸溶性と徐放性を兼ね備えたドラッグデリバリーシステムにより、ブデソニドを回腸以降に効率的かつ持続的に送達する。

 ・胃で溶けず、pH5.5以上の回腸で溶解し始める。

 

・カプセルの中に直径1mmの腸溶性徐放顆粒が詰まっている。これは、コーティングを施した徐放性のブデソニド層である。

 

腸炎モデルラットにおいて、腸粘膜系組織への取り込みと貯留性が確認されている。

 

・肝初回通過効果が大きい。バイオアベイラビリティは10~20%と全身暴露が少ない。

 

Q&A

・どのような場面で使うか?

 アンケート結果では、軽症から中症の初発が37%、5-ASA製剤での効果不十分例41%など。

 

・脱カプセルはできるか?

 海外でも行われており可能。

 

・用量が9mgなのは?

 15mg投与してみたデータがあるが、それ以上増やしても効果は変わらないという結論だったため。

 

プレドニン換算でどのくらい?

 プレドニン40mgがゼンタコート9mgに相当するとのこと。

 

・朝服用しなければならないか?

 コルチゾールの日内変動の関係上朝が適しているとのこと。

 これはちょっとよくわからなかったのでまた調べてみたいと思います。

 

その他

プレドニゾロンより骨塩量の影響は少ない。

 

まとめ

今のところラノイチの薬局では1例だけだと思いますが、年末に新薬の14日制限がなくなったらもっと増えるかもしれません。

 

しかし、終わってから疑問に思ったことなんですが、クローン病は消化管全体に炎症があるが、溶けるのは回腸以降で良いのか?ということですね。

 

今度ゼリア新薬さんが来たら聞いてみたいと思います。

 

あと、冊子と一緒に百日草の種をもらえましたよ〜。

 

薬局に蒔こうとしたら同僚に「やめてください」って言われましたけど笑 

 

リリカOD錠の味見をしてみました! 気になるお味の方は・・・?

f:id:ranomed:20170725224220j:plain

痺れや痛みなどに処方されることの多いリリカカプセルですが、最近OD錠という剤型が追加されました。

 

今までリリカにはカプセルしかなかったんですが、今回追加になったOD錠には一体どのような特徴があるのでしょうか?

 

OD錠って何?

OD錠とは、「Oral Disintegration」錠の略で、日本語にすると口腔内崩壊錠のことです。

簡単にいうと、口の中でラムネみたいにふわっと溶けるため、外出先などでも水なしで便利に服用できる剤型のことです。

 

嚥下困難のある高齢者では、口内で溶かしてから飲み込むため、普通の錠剤よりも適しています。

 

ただし、溶かしてもそのまま口内で吸収されるわけではないので、ちゃんと飲み込むようにしましょう。

 

リリカOD錠の風味

さて、本題ですが、製剤見本が薬局に届いたので、それを使って味見をしました。

 

同僚がメーカーの担当者から聞いた話ではゆずフレーバーをつけてあるらしいです。

 

早速、リリカOD錠25mgをスパーテルで押しつぶし、そのうちの一欠片を溶かして飲んでみました。

 

ほんのり甘い感じがしましたが、ラノイチの舌ではゆず味を感じることができず笑

 

(量が少なすぎたのかな……? 細かく砕きすぎたのかもしれません)

 

その後しばらく味わっていると、強烈に苦かったです!!

 

リリカは源薬自体がかなり苦いので、ゆずフレーバーでは全然打ち消せないようです。

 

水なしで服用できるOD錠ですが、普通の錠剤のように水で服用するか、溶かして服用した後に、何かで口直しが必要だと思いました。

 

他には・・・

後、気になった点としては、錠剤がかなり大きいですね。

 

25mg、75mg、150mgと3規格あるのですが、順番に大きくなっていき、150mgは結構な大きさでした。

 

まあ、水を吸い込みやすいようにしてあるのがOD錠ですので、特徴的にこれは仕方がないと思いました。

 

薬をお渡しする際、大きさにびっくりされないよう、しっかり説明が必要だと感じました。

 

まとめ

なんにせよ、選択肢が増えるのはいいことですね!

 

今までカプセルを飲めない方のために、ひとつひとつ中身の粉を出して、分包機でパッケージングしてましたから笑

 

そういった方がOD錠になれば、今までよりお待たせすることなくお渡しできると思います。

 

 

 

ラニラピッド錠0.1mg出荷停止について

タイトルの通りですが、心不全の治療などに使われるラニラピッドが出荷停止となっています。

理由としては以下の通り、安定性試験に引っかかってしまったとのこと。

強心配糖体製剤「ラニラピッド®錠0.1mg」 (一般名:メチルジゴキシン錠) につきまして、現行原薬の製造終了に伴い代替原薬について検討を進めてまいりました。2017年7月より代替原薬を用いた製剤(以下、変更品)を出荷する予定としておりましたが、現在までの安定性試験において経時的に溶出率が低下する傾向が認められました。
そのため、変更品については使用期限内に規格値を逸脱する可能性が否定できないことから、「ラニラピッド®錠0.1mg」の変更品の出荷を取り止めることといたしました。

現在、供給しております現行原薬を用いた製剤(以下、現行品)の「ラニラピッド®錠0.1mg」につきましては、長期安定性試験において溶出率の低下傾向は確認されておりません。
また、「ラニラピッド®錠0.05mg」につきましては、製剤処方および製造方法が0.1mg製剤と異なるため、変更品においても溶出率の低下傾向は確認されておりません。

つきましては、現行品の在庫消尽にともない「ラニラピッド®錠0.1mg」の出荷を停止させていただきますので、甚だ勝手なお願いではございますが、「ラニラピッド®錠0.1mg」による治療を受けられている患者様におかれましては「ラニラピッド®錠0.05mg」による治療をご考慮いただきたくお願い申し上げます。また、現行品の「ラニラピッド®錠0.1mg」につきましては在庫消尽までの間、偏在を回避するために出荷調整を実施させていただきます。
尚、供給再開につきましては、目途が立ち次第、改めてご案内させていただく所存でございます。

この度は、「ラニラピッド®錠0.1mg」による治療を受けられている患者様、ならびに医療関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけすることにつきまして、心よりお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

とはいえ、0.1mgのみなので、0.05mg2錠を服用することで対応可能です。
0.05mgの方は別の工程で製造しているので問題ないとのことです。
メーカーさんもそのように説明してほしいとのことで、患者用リーフレット(トップ画)ももらいました。
今現在服用している方は、治療が続けられなくなる心配をしているかもしませんが、そんなことはないので安心していただければと思います。

f:id:ranomed:20170718194718j:plain

 

0.05mgに変わることでのデメリットは?

まずは、2倍の数を飲まなければならないという点で、変更時に飲み間違いが生じる恐れがあるのでしっかりと説明していきたいところです。そして、0.1mg出荷再開で元に戻った時も説明が必要なので、患者さんが混乱しないようにしないと行けないですね。

もう一点は、薬局で支払う値段が高くなってしまうということでしょうか。
ラニラピッド0.1mg 8.80円/1錠に対し、ラニラピッド0.05mg 5.60円/1錠です。

検証として、1日0.1mgを1錠30日分飲んでいる場合だと、
今まで・・・・8.8×30=264円
これから・・・5.6×2×30=336円
差額・・・・・72円
という結果になりました。

すなわち、3割負担だと21.6円2割負担だと14.4円1割負担だと7.2円
30日でこれだけ余分に支払いが生じてしまいます。

まあ、それほど大きい金額ではないのは幸いですが、感じ方は人それぞれですし、もし、ちょっとでも負担増が嫌だという方は、ジェネリックへの変更という手もあるでしょう。

ちなみにすっごくどうでもいい話ですが、前の職場の同僚がラニラピッドをラニラピッ「ト」と書いていたのを思い出して懐かしい気分になりました笑
元気でやっているだろうか?

参考
ラニラピッド錠0.1mg 出荷停止のお知らせとお詫び
https://chugai-pharm.jp/hc/ss/pr/drug/news/detail/1405241301060/1.html

エビリファイ内用液服用後、苦味の口直しに適した飲み物は?

先日、薬局に電話がかかってきて質問を受けたので、共有したいと思います。

子供がエビリファイ内用液を飲んでいるお母さんからの電話でした。

「薬の苦味がひどくて、飲んだ後に口直しにアップルジュースなどを飲んでいるが大丈夫か? また、牛乳や飲むヨーグルトなどはどうか?」

という内容でした。

f:id:ranomed:20170718193514j:plain

ちょっと思い当たることがあったので、電話を保留にさせてもらって添付文書(薬の説明書ね)を見てみると、やはりというか気になる記載がありました。

●内用液のみの注意事項
・ 本剤を直接服用するか、もしくは1回の服用量を白湯、湯冷まし又はジュース等に混ぜて、コップ一杯(約150mL)くらいに希釈して使用すること。なお、希釈後はなるべく速やかに使用するよう指導すること。
・ 煮沸していない水道水は、塩素の影響により混合すると含量が低下するので、希釈して使用しないよう指導すること。(「適用上の注意 3.」の項参照)
・ 茶葉由来飲料(紅茶、ウーロン茶、緑茶、玄米茶等)及び味噌汁は、混合すると混濁・沈殿を生じ、含量が低下するので、希釈して使用しないよう指導すること。(「適用上の注意 3.」の項参照)
・ 一部のミネラルウォーター(硬度の高いものなど)は、混合すると混濁を生じ、含量が低下することがあるので、濁りが生じた場合は服用しないよう指導すること。(「適用上の注意 3.」の項参照)

上記が添付文書からの引用です。
これによると、ジュースは大丈夫そうですが、ミネラルウォーターで含量低下のおそれがありそうです。ということはカルシウムを含む牛乳や飲むヨーグルトもアウトなのでは?

ということで、どんな飲み物がオッケーなのか、一旦電話を切らせていただいて、販売元の大塚製薬のドラッグインフォメーションセンターに問い合わせをし、折り返し対応しますと回答しました。

大塚製薬の回答

まず、添付文書に記載されているのは、コップに一緒に混合して希釈して飲んだ場合の話だそうです。
つまり、お茶、ミネラルウォーター、味噌汁などにエビリファイ内用液を混ぜ、味をマスキングして飲んでしまうと効果が薄れる可能性があるということ。
今回問い合わせがあったように、口直しに時間差で飲む場合には、お茶などを含め、牛乳、飲むヨーグルト、ポカリ、コーラなどでも問題ないとのことでした。
胃の中で混ざってしまうのでは?という素朴な疑問をぶつけてみたところ、あくまで同時服用で含量低下があり、その後すぐに服用する分には問題ないとの回答が得られました。
また、エビリファイ内用液と様々な飲料との配合変化一覧表をFAXでいただき、非常に参考になりました。

結論

というわけで、時間差で飲む分には特に問題ないという旨を折り返し電話で伝え、納得されました。
まあ、いただいたデータを見ると、口直しに飲ませようとしていたアップルジュースと牛乳は同時服用でも含量低下が見られないので薄めて飲むっていうのもありですね。(飲むヨーグルトはデータがなかった・・・)

参考
エビリファイ内用液添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/180078_1179045S1021_1_22.pdf

合コンでは青いカクテルにご用心!?

f:id:ranomed:20170718193334j:plain

さて、一見薬とは関係なさそうな今日のタイトルですが、薬の話です。
特に押しに弱い女性向けと言えるでしょう。

女の子を泥酔させて犯罪を犯すというような事件、誰でも一回は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
今日はそんなお話です。

 

サイレースロヒプノールって?

そんな胸糞な事件でよく使われたいたのがサイレースロヒプノールという白色の錠剤です。
これは両方とも一般名がフルニトラゼパムというもので、併売品という形を取っています。
つまりは同じものなのですが、エーザイから出ているものをサイレース中外製薬から出ているものをロヒプノールと言います。共同で開発したけど販売は別々の商品名でしますよってパターンですね。
ちなみにどっちかがジェネリック医薬品でどっちかが先発品とかではないです。
ジェネリックは『フルニトラゼパム「○○(メーカー名)」』として、各種後発メーカーが販売しています。

 

フルニトラゼパムの特徴は?

適応症は不眠症です。
しかも作用時間が長く、夜中に起きてしまう患者さんのためによく使われている印象です。
(寝つきが悪い場合はマイスリーなど作用時間が短いものを使います)
向精神薬という区分の管理品目で、一回の処方箋で30日分までしかもらえない薬です。
元々白色の錠剤で、砕いて飲み物に溶かしてしまうと無味無臭なんです。
そして、アルコールとの併用で高確率で健忘症、つまりは一時的な記憶障害を引き起こすことから犯罪に悪用されてしまったんですね。

 

怒ったメーカーの対策は?

それが青色に着色するという答えです。
錠剤自体が青く、水に溶かした場合にちょうどアイキャッチ画像のような青いカクテルになるみたいです。
最初は先発品だけでしたが、ジェネリックもうちで取り扱っているメーカーは青くしましたね。
しっかし、よくこんな強力な睡眠薬をアルコールに混ぜて飲ませようと考えるもんですよ。
まあ、知識がないからなんでしょうが、下手すると呼吸抑制なんかを起こして、最悪二度と目を覚まさないってことも十分にありえますからね。

以下に厚労省からの通達も貼っておきますので参考にしてください。
http://www.jshp.or.jp/cont/15/0716-1-1.pdf

 

じゃあ青色のカクテル以外は平気?

残念ながら他の眠剤はまだ白いものが多いです。
まあ、フルニトラゼパムと同レベル以上の強さのものになると限られて来るかもしれませんが、他のメーカーも着色や苦味などつけてくれればいいんですけどね。
ああ、でもそうなると普通に不眠で服用したい患者さんが困るか・・・。
苦くて飲めない!ってな感じで。

結論としては、特に女性に向けてなのですが、カクテルの色もそうですが、怪しい飲み会には参加しないことですね。
もし、断れない場合、青色のお酒は特に注意ということを覚えておいてもらえれば幸いです。