スポンサーリンク

一晩寝かせたカレーはおいしいけど食中毒の危険がある

f:id:ranomed:20170718194300j:plain

みなさんこんにちは、ラノです。
本格的に暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

暑さに負けず、花火やプール、旅行などを楽しんでいきたいですね。

さて、そんな楽しいイベント盛りだくさんの夏ですが、食中毒が気になる季節でもあります。
今日のテーマは煮込み料理に潜むウェルシュ菌による食中毒についてです。

ウェルシュ菌とは?

主に牛や鶏などの動物が保菌し、酸素が少ない環境を好む嫌気性菌です。
感染してしまうと腹痛や下痢などを引き起こします。
特徴としては熱に強い芽胞を形成することです。100度以上の高温に1時間以上さらされても死なないので、加熱調理したものは安心という油断が食中毒につながります。

どうして寝かせたカレーが危険なの?

ウェルシュ菌は嫌気性菌でしたね。

つまりは、寝かしたカレーとかは粘度が高く固まっているため、酸素が通りにくく、増殖に非常に適した環境になってしまっているんです。
つまり、シチュー具沢山のスープも同じような理由でアウトです。

そして、芽胞という熱に強いバリアーを作るため、加熱調理でも死なないのです。
そのため、作ったカレーなどの煮込み料理は早いうちに食べてしまいましょう。入れた牛肉などがウェルシュ菌に汚染されている場合でも、増殖前の少量であれば食中毒を引き起こす可能性は少ないです。元々健康な人の体内にもいる細菌——常在菌ですからね。

予防&もし感染してしまったら?

予防に関しては今のところ早めに食べるしかないです。
次亜塩素酸などは効果があるみたいですが、そんなものでカレーを殺菌してしまったら今度は私たちが食べることができませんよね汗。

ただ、感染してしまった場合でもO-157などと違って毒性は低く、予後は良好のようです。
嘔吐などはなく、下痢や腹痛が続きますが、通常数日間で回復します。下痢による脱水症状を防ぐために水分補給をしながら待ちましょう。

 

最後に・・・

もちろん、症状がひどい、続くようであれば別の細菌が原因の可能性もあるので早めの受診をお願いします。

スポンサーリンク