薬局薬剤師のとある1日③

f:id:ranomed:20170718194210j:plain

③処方箋を取り扱うドラッグストア

【スケジュール⑴:通常営業】
10:00~14:00 外来業務(10件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、納品
14:00~15:00 昼休憩
15:00~19:30 外来業務(1,2件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、売り場展開、レジ
19:30~20:00 夜休憩
20:00~22:00 外来業務(1,2件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、管理業務、発注


【スケジュール⑵:在宅往診同行】
08:30~09:00 準備&施設へ向かう
09:00~09:30 施設の臨時薬の在庫チェック
09:30~11:00 医師と施設患者往診同行&次回処方決定
11:00~11:30 店舗へ戻る
11:30~14:00 外来業務(10件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、納品
14:00~15:00 昼休憩
15:00~19:00 在宅処方箋調剤、外来業務(1,2件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、売り場展開、レジ
19:00~19:30 夜休憩
19:30~22:00 在宅処方箋調剤、外来業務(1,2件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、管理業務、発注


【スケジュール⑶:在宅処方箋監査日(前述往診同行の翌日)】
10:00~22:00 外来業務(10件くらい)、一般用医薬品販売、健康相談、納品、売り場展開、レジ、発注、管理業務
休憩をどこかで1時間と30分に分けて取得。


【解説】
薬剤師のいるドラッグストアでは、医療用だけではなく一般用医薬品も取り扱い、さらには在宅業務を行なっているところも多いです。まずは通常のスケジュールから解説します。

 

スケジュール⑴

 

クリニックや大型病院前の薬局と比べると、処方箋枚数はかなり少ないです。1日5枚とかそういったレベルの日もあります。
ただし、このドラッグストアに働いていた時代が一番きつかったです。何故なら薬剤師が一人しかいないからです。

午前中に処方箋が集中するわけですが、普通は医療事務がやってくれるコンピュータへの入力も含め、全て一人でこなさないといけません。
そのため患者が同時に来てしまった場合、かなり悲惨なことになります。一人に10分かけてしまうと、二人目の調剤はそこから行わなければならないので、渡せるのは20分後です。
3人同時の場合はどんなに急いでも30分はかかります。一人でやっているため誰の助けも借りられず、他の人の調剤を進めることができないためです。調剤薬局においては大体複数でやっているので、ここではマンパワーが圧倒的に不足するんです。

しかも、遠くの処方箋が来ることが多く、薬を備蓄していないケースが圧倒的に多いです。
医療用医薬品は数万種類以上あり、年々新薬が増えているため全てを備えておくのは不可能ですし、どうしてもそこから卸に急配をかけることになるので、そうなった場合はさらに工数がかかります。

当然、正確さは素早さよりも優先されるべきですが、調剤薬局であればもっと効率よく患者さんをお待たせすることも、薬の備蓄がないことも少ないのになぁ・・・とヤキモキします。

ただ、おかげさまで仕事はかなりできるようになりました。全て一人で対応しないといけないので、責任も全部のしかかって来ます。自分が成長しない限りどうにもならないので、しんどいですがそこがメリットでしょうか。

例えば、金銭的な制約は別として、薬局経営をしろと言われればできるだけのスキルは身につきました。保険請求も地域の薬剤師会との交流も全て自分で行なっているわけですから。

また、一般用医薬品にも精通することができます。個人差はあるでしょうが、一般的に、医師、看護師、病院、薬局薬剤師は一般用医薬品にはあまり詳しくないことが多いです。
医療用医薬品と飲み合わせに注意が必要なものも多くありますので、一般用医薬品の知識も持っておいた方がいいと思うのですが・・・。

一般用医薬品に関しては、不定期で相談が来ます。これはどれだけの件数が来るか全く読めないので、例えば休憩中であっても対応するといった感じです。
私はこれでペヤングを3つほどダメにしました笑。
お湯を入れている最中の接客が長時間になってしまったためです。今では懐かしい思い出ですが。

他にもレジや納品、売り場展開などお店の手伝いも行います。

スケジュールを見て思った人もいるかもしれませんが、何よりの特徴としては勤務時間が長いですね。
平日夜は結構暇なのですが、土日や午前中は相談や処方箋も多く一人で効率よくやっていかないと回らないです。
休みは不定期で、月に8回どこかでとるといった感じ。土日も出勤します。

 

スケジュール⑵

 

そして、在宅往診同行の日は施設に行って医師と共に患者さんを診ます。その時に次回の処方変更や、医師から調べて欲しい薬の依頼があったり、こちらから処方提案をしたりとそんな感じ。
施設にある風邪薬や痛み止め、便秘薬、睡眠薬などの備蓄薬が減っていないかチェックするのも重要な仕事です。
使用して減っているものがあれば医師に処方箋を出してもらい、常に一定数置いておく必要があります。行っていた施設の患者数は数十人ほどいたので、チェックは結構大変です。

さて、薬局に帰って来ると、処方箋がFAXで届いているので、それを元に調剤をします。
そして、当然通常業務もあるわけですから、2週間に1度のこの日はバタバタです。
この日だけは応援を一人他店舗からもらえて、二人で行いました。それでも結構ギリギリです。

スケジュール⑶

翌日はまた一人に戻り、ぶっ通しで昨日作った薬を間違いがないか監査します。
スケジュールを見てもらうとわかるように、この日が最も忙しいです。
私は結構仕事は早い方なのですが(自分で言うな)、朝の10時から夜の10時まで全力に近い速度で動いていても終わらない日とかがありました。外来や健康相談が多かった場合ですね。
まあ、次の日の夕方までにカレンダーにセットして施設に届ければいいので、まだ余裕はあるのですが、それはロスタイムみたいなものです。できるだけこの日に終わらせないと、また混雑したらどうなるかわかりませんから。
さすがに会社外の施設などが関わって来るといくら連絡を取ってもあまり遅らせることはできませんしね・・・。

 

おわりに


というわけで、結局これが一番長くなってしまいましたが、ドラッグストアにおける薬剤師の働き方でした。

私的には一見暇に見えそうなこの職場が一番きついと思います。
ただ、勉強にもなりますし、8時間以上働いた分の残業代は全て出ましたのでブラックではないです。今の実力であれば、もう少し楽に回せそうな気がします。

ただ、もう、10時まで働くのはちょっと・・・あれですけどね笑